平成30年度総会・親睦パーティ報告

平成30年5月26日(土)、東海大学校友会館(霞が関ビル35階)で平成30年度総会・親睦パーティが開催されました。会員189名(うち学生15名)、来賓・恩師の先生方と合わせて総勢197名が出席し、世代を超えた交流を楽しまれました。

 

※輪番幹事による臨場感あふれる、詳細な
報告書はこちらをご覧ください。

写真集を作成しました(14ページ)。
こちらをご覧ください。

 

総会では、津高東京同窓会・田村正衛会長の、昨今の世界情勢など時事問題に触れた挨拶の後、平成29年度の事業、会計、ご寄付について報告を行いました。続いて来賓の津高同窓会・飯田俊司会長と津高校の中川弘文校長から祝辞を頂戴しました。飯田会長は、本ホームページでご紹介した専修寺の如来堂と御影堂が国宝に指定されたことなど、最近の津の話題や同窓会活動を、中川校長は生徒の活躍ぶりをご紹介いただきました。

 

総会に続いて行われた親睦パーティは、夏池 静さん(昭和46年卒)と都築志摩さん(昭和58年卒)さんの女性ペアが司会進行を担当。まずご出席の恩師の先生、飯田宏先生と鎌田敏明先生をご紹介しました。

 

続いて、ケニアやバングラデシュでの勤務経験がある獣医学の専門家、山家又祐さん(昭和46年卒)が講演。「ヒトもかかる“越境性動物感染症”」をテーマに、西郷隆盛もかかったフィラリアのほか、狂犬病、A型インフルエンザ、鳥インフルエンザなど、感染症についてお話いただきました。今後も新たな感染症が海も山も越えて入ってくると予測されると山家さん。とても身近な問題であり、出席者は皆さん熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

 

講演の後は、名古屋同窓会・三輪征夫副会長による乾杯のご発声のあと、食事を楽しみながらの歓談タイムがスタート。前半は卒年別、後半はランダムに指定されたテーブルで、世代を超えて趣味の話や最近熱中していることなどを楽しくおしゃべりしました。

 

最後に新会員紹介、来年度の輪番幹事の挨拶、校歌斉唱を行い、輪番幹事を代表して米澤雅之さん(昭和46年卒)の閉会の挨拶で親睦パーティはお開きとなりました。

 


総会・親睦パーティ案内状


当日配付資料

会次第
津高東京同窓会 平成29年度事業報告
津高東京同窓会 平成29年度会計報告並びに監査報告
ご寄付をいただいた方の卒業年別の明細
平成30年度 津高校 活動報告(津高校 中川校長資料)
講演「ヒトもかかる“越境性動物感染症”」資料
校歌歌詞(津中・三重櫻・津高)


総会・親睦パーティの報告書

ご出席者(197名)